• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2021年の給料を大予測 「年収が増える会社」

 厚労省「毎月勤労統計調査」によると、2月の所定内給与は前年同月比で0.3%減。その一方、13年冬のボーナスが0.3%増と5年ぶりに増加に転じており、厚労省は「賃金は回復傾向」としている。だが、賃金の伸びは業種によって明暗がくっきり。初回の15日は、「給料が上がる会社」をリポートする。

 自分の会社の給料はこの先どうなるのか。大企業のベースアップもあり、サラリーマンの給料は全体的に上げ潮ムードが漂う。

 労務行政研究所による東証1部、2部、主要企業への調査によると、2014年の賃上げは、平均で2.07%の6413円。景気や企業業績の回復基調で明るい数字が並んだ。

「2.07%増が適正かは判断できませんが、例年に比べて賃上げ率が増加しています」(同研究所・田中加代子氏)

 しかし、繊維や造船といった産業が時代とともに衰退していったように、日本企業の給料が一律で伸びる時代は終わった。この先の給料は、隆盛産業、衰退産業で大きな差が出てくることが予想されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る