2021年の給料を大予測 「年収が増える会社」

公開日: 更新日:

 厚労省「毎月勤労統計調査」によると、2月の所定内給与は前年同月比で0.3%減。その一方、13年冬のボーナスが0.3%増と5年ぶりに増加に転じており、厚労省は「賃金は回復傾向」としている。だが、賃金の伸びは業種によって明暗がくっきり。初回の15日は、「給料が上がる会社」をリポートする。

 自分の会社の給料はこの先どうなるのか。大企業のベースアップもあり、サラリーマンの給料は全体的に上げ潮ムードが漂う。

 労務行政研究所による東証1部、2部、主要企業への調査によると、2014年の賃上げは、平均で2.07%の6413円。景気や企業業績の回復基調で明るい数字が並んだ。

「2.07%増が適正かは判断できませんが、例年に比べて賃上げ率が増加しています」(同研究所・田中加代子氏)

 しかし、繊維や造船といった産業が時代とともに衰退していったように、日本企業の給料が一律で伸びる時代は終わった。この先の給料は、隆盛産業、衰退産業で大きな差が出てくることが予想されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  6. 6

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  7. 7

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る