2021年の給料を大予測 「年収が増える会社」

公開日:  更新日:

 厚労省「毎月勤労統計調査」によると、2月の所定内給与は前年同月比で0.3%減。その一方、13年冬のボーナスが0.3%増と5年ぶりに増加に転じており、厚労省は「賃金は回復傾向」としている。だが、賃金の伸びは業種によって明暗がくっきり。初回の15日は、「給料が上がる会社」をリポートする。

 自分の会社の給料はこの先どうなるのか。大企業のベースアップもあり、サラリーマンの給料は全体的に上げ潮ムードが漂う。

 労務行政研究所による東証1部、2部、主要企業への調査によると、2014年の賃上げは、平均で2.07%の6413円。景気や企業業績の回復基調で明るい数字が並んだ。

「2.07%増が適正かは判断できませんが、例年に比べて賃上げ率が増加しています」(同研究所・田中加代子氏)

 しかし、繊維や造船といった産業が時代とともに衰退していったように、日本企業の給料が一律で伸びる時代は終わった。この先の給料は、隆盛産業、衰退産業で大きな差が出てくることが予想されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る