堀内孝雄が足しげく通う 地元笹塚のレストランバー「MANIMAL」

公開日:  更新日:

「店名は“ANIMAL(動物)”と“HUMAN(人間)”をかけた造語で、内装は動物をモチーフにしデザインされているんです」とスタッフ。その言葉どおり、シンプルな外観からは想像もつかないほど店内は可愛らしい装飾に満ちている。

 天井に吊るされた、たくさんのランプシェードが温かい光を放ち、壁に描かれた無数の動物たちを優しく照らし出している。中央にオープンキッチンがあり、それを取り囲むカウンター席のほか、テーブル席、小上がり、そして個室にはソファ席も。1人でも複数でも思い思いに過ごせる居心地の良さが人気を呼んで、深夜までくつろぐ地元客も多い。

 常連を引きつけてやまないのが、充実のワインと、それに合う料理。築地から毎日、新鮮な魚介を仕入れるなど素材を厳選し、その持ち味を生かした料理に定評がある。中でも
 「鮮魚のカルパッチョ」(カツオ、700円)は、オリーブオイルと塩だけのシンプルな味付けで、素材そのもののうまさを実感できるオススメ料理。生麺を使ったパスタも人気で、「ずわい蟹とブロッコリーのスパゲティ」(1080円)は、モチモチッ(!)とした麺の食感、まろやかなトマトクリームソースが絶妙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る