堀内孝雄が足しげく通う 地元笹塚のレストランバー「MANIMAL」

公開日:  更新日:

「店名は“ANIMAL(動物)”と“HUMAN(人間)”をかけた造語で、内装は動物をモチーフにしデザインされているんです」とスタッフ。その言葉どおり、シンプルな外観からは想像もつかないほど店内は可愛らしい装飾に満ちている。

 天井に吊るされた、たくさんのランプシェードが温かい光を放ち、壁に描かれた無数の動物たちを優しく照らし出している。中央にオープンキッチンがあり、それを取り囲むカウンター席のほか、テーブル席、小上がり、そして個室にはソファ席も。1人でも複数でも思い思いに過ごせる居心地の良さが人気を呼んで、深夜までくつろぐ地元客も多い。

 常連を引きつけてやまないのが、充実のワインと、それに合う料理。築地から毎日、新鮮な魚介を仕入れるなど素材を厳選し、その持ち味を生かした料理に定評がある。中でも
 「鮮魚のカルパッチョ」(カツオ、700円)は、オリーブオイルと塩だけのシンプルな味付けで、素材そのもののうまさを実感できるオススメ料理。生麺を使ったパスタも人気で、「ずわい蟹とブロッコリーのスパゲティ」(1080円)は、モチモチッ(!)とした麺の食感、まろやかなトマトクリームソースが絶妙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る