• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホルモン好きの中村昌也がハマった!鮮度バツグンのモツが味わえる「スタミナ串焼き 仲垣」

 じっくり寝かせた熟成肉がこのところのブームだが、劣化の早い内臓肉はあくまでも“鮮度”が命だ。

 目黒駅からほど近い裏通りにある「スタミナ串焼き 仲垣」は鮮度バツグンのホルモンが味わえる、串焼きの専門店。2年前、この地にひっそりとオープンして以来、評判は口コミで広がり、肉食系の老若男女に幅広く支持されている。

 店主自ら毎朝、芝浦の食肉市場へ足を運ぶなど徹底して仕入れにこだわる。作ったその日のうちに商品を売ることを食品業界で“デイゼロ”というが、「ホルモンこそさばいたその日に出す“デイゼロ”にかなうものはない」と店主の仲原和伸さんは言う。

「だから、とにかく新鮮なモノが欲しいのですが、内臓肉は食肉処理した当日中に市場に流通することがあまりないんです。そこで、あえて芝浦に近い目黒に出店し、肉は直接、芝浦で買い付け、それを夕方までに仕込むようにしました。新鮮なホルモンはひと味もふた味も違う。ぜひ実感していただきたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る