ホルモン好きの中村昌也がハマった!鮮度バツグンのモツが味わえる「スタミナ串焼き 仲垣」

公開日:  更新日:

 じっくり寝かせた熟成肉がこのところのブームだが、劣化の早い内臓肉はあくまでも“鮮度”が命だ。

 目黒駅からほど近い裏通りにある「スタミナ串焼き 仲垣」は鮮度バツグンのホルモンが味わえる、串焼きの専門店。2年前、この地にひっそりとオープンして以来、評判は口コミで広がり、肉食系の老若男女に幅広く支持されている。

 店主自ら毎朝、芝浦の食肉市場へ足を運ぶなど徹底して仕入れにこだわる。作ったその日のうちに商品を売ることを食品業界で“デイゼロ”というが、「ホルモンこそさばいたその日に出す“デイゼロ”にかなうものはない」と店主の仲原和伸さんは言う。

「だから、とにかく新鮮なモノが欲しいのですが、内臓肉は食肉処理した当日中に市場に流通することがあまりないんです。そこで、あえて芝浦に近い目黒に出店し、肉は直接、芝浦で買い付け、それを夕方までに仕込むようにしました。新鮮なホルモンはひと味もふた味も違う。ぜひ実感していただきたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る