• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

個性派俳優 温水洋一の無名時代を支えた“巴蜀料理”で人気の中華料理店 梅香苑

“頼りない男”を演じたら、右に出るものはいない個性派俳優の温水洋一(49)。“ヌックン”の愛称でバラエティーでも人気の彼が、まだ無名だった時代にアルバイトをしていたのが新宿区にある「中華菜館 梅香苑」。

 場所は都営大江戸線・若松河田駅を降りて若松口を出た正面。

 創業38年の中華料理店で、紀元前に中国の武漢市で発達したという“巴蜀(はしょく)料理”が味わえる。
「四川料理の辛さをもう少しマイルドにしたような、日本人に馴染みやすくてヘルシーなのが巴蜀料理の特徴です」と話すのは店のオーナー。

「古くから伝わる香辛料と、発酵食品を多用していて薬膳効果も高く、かつてこの料理を食べていた人たちはとても元気だったといわれています。医食同源はまさに中華料理の原点。食べて健康になれる! それが巴蜀料理なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る