派手に着飾りゴール前で大騒ぎ 様変わり激しい運動会事情

公開日: 更新日:

「生徒数の約4割程度。圧倒的に母親など女性が多い。これが小学校の運動会になると保護者の参加者は、7~8割ぐらいまで膨れあがるでしょうか」(A教師)

 運動会の楽しみは、グラウンドで食べる弁当。かつては、ビニールシートの上に弁当を開き、子供たちが保護者たちと一緒に食べたが、いまは様変わりだという。

 埼玉県下の公立小学校に勤めるベテランのY教師が言う。
「私の勤務する学校もそうですが、運動会で昼、外で保護者と食べる習慣がなくなりました。昼の時間、子供は教室に戻って給食を食べます。その間、保護者の人たちは、家が近所なら自宅に帰るか、学校周囲のレストランなどで食事を済ませてもらいます」

 理由は親が離婚、保護者が不参加といった子供たちへの配慮というが、実は、昼食時の父兄の態度がひどいからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る