独身男性は要注意 結婚生活を左右する「良い同棲」「悪い同棲」

公開日:  更新日:

新婚カップルの63%が経験あり

 新婚カップルの多くは同棲経験者――。こんな実態が明らかになった。引っ越し予約サイト「引越し侍」が既婚女性にアンケート調査を実施。「旦那様と住み始めたのは入籍前? 入籍後?」という質問で、63%が入籍前から「同棲」の形で一緒に住んでいたと答えたのだ。入籍後と答えたのは34%だから、同棲経験者は約2倍に上る。かつては「ふしだら」と白い目で見られていた行為が市民権を確立したわけだ。

 ならば、独身男性は同棲を幸せな結婚に結びつける手段に使いたい。
「同棲には良い同棲と悪い同棲があるのです。良いのは結婚前に本当に彼女と相性が良いのかを見極める同棲です」とは男女問題に詳しい作家の三浦天紗子氏だ。

「恋愛だと彼女が掃除や料理が好きかが分かりませんが、一緒に住むと実態が分かります。従順だった彼女がガミガミ怒るかもしれないし、以前のケンカを持ち出して、“あのとき、あなたはこう言った”とネチネチ責めるかもしれない。彼女の本音を聞いて、自分がこの先、我慢できるかどうかを吟味するのが同棲生活なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る