4月離婚はなぜ多い? 要注意、こうして深まる「夫婦の溝」

公開日:  更新日:

 仕事では、異動したり、新人を研修したり。家庭やプライベートでは、子供が進級・進学したり、趣味の教室に通ったり。人の動きが活発化する新年度は、男も女も大変だ。実は、夫婦の溝を深める時期でもある――。

 結婚・離婚カウンセラーの山崎世美子氏が言う。
「4月は、仕事をしている人も主婦も、環境が変わるため、バタバタします。そうすると、新しい人間関係や物事に注意が集中するため、親しい関係の人への配慮や気配りがおろそかになる。だから、4月は夫婦やカップルに溝が生まれ、それが深まりやすいのです」

 伊藤さん(47)は、同い年の妻と結婚して8年になる。夫婦共働きだ。3年前の3月末、お互いの会社から30分ほどのところにマンションを買い、引っ越した。挨拶した隣の人に「奥さま、キレイですね」と言われると、「いやいや、そんなことなく、ガサツで」と返して部屋へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る