4月離婚はなぜ多い? 要注意、こうして深まる「夫婦の溝」

公開日:  更新日:

 仕事では、異動したり、新人を研修したり。家庭やプライベートでは、子供が進級・進学したり、趣味の教室に通ったり。人の動きが活発化する新年度は、男も女も大変だ。実は、夫婦の溝を深める時期でもある――。

 結婚・離婚カウンセラーの山崎世美子氏が言う。
「4月は、仕事をしている人も主婦も、環境が変わるため、バタバタします。そうすると、新しい人間関係や物事に注意が集中するため、親しい関係の人への配慮や気配りがおろそかになる。だから、4月は夫婦やカップルに溝が生まれ、それが深まりやすいのです」

 伊藤さん(47)は、同い年の妻と結婚して8年になる。夫婦共働きだ。3年前の3月末、お互いの会社から30分ほどのところにマンションを買い、引っ越した。挨拶した隣の人に「奥さま、キレイですね」と言われると、「いやいや、そんなことなく、ガサツで」と返して部屋へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る