4月離婚はなぜ多い? 要注意、こうして深まる「夫婦の溝」

公開日: 更新日:

 仕事では、異動したり、新人を研修したり。家庭やプライベートでは、子供が進級・進学したり、趣味の教室に通ったり。人の動きが活発化する新年度は、男も女も大変だ。実は、夫婦の溝を深める時期でもある――。

 結婚・離婚カウンセラーの山崎世美子氏が言う。
「4月は、仕事をしている人も主婦も、環境が変わるため、バタバタします。そうすると、新しい人間関係や物事に注意が集中するため、親しい関係の人への配慮や気配りがおろそかになる。だから、4月は夫婦やカップルに溝が生まれ、それが深まりやすいのです」

 伊藤さん(47)は、同い年の妻と結婚して8年になる。夫婦共働きだ。3年前の3月末、お互いの会社から30分ほどのところにマンションを買い、引っ越した。挨拶した隣の人に「奥さま、キレイですね」と言われると、「いやいや、そんなことなく、ガサツで」と返して部屋へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る