【片倉工業】富岡製糸場の経営会社は社員にやさしい

公開日:  更新日:

 世界文化遺産「富岡製糸場」を経営していた同社。建物は05年に富岡市に寄付し、それがめでたく世界遺産となった。

 現在は、製糸業から業態転換し、ショッピングセンターの運営や肌着「キヤロン」の販売などを手掛けている。

 東京都中央区にある本社勤務のAさん(37)は「賞与が年2回、50万円くらいで、年収は550万円と毎年安定しています。人事評価はポイント制で、貯まれば昇進という感じです。まあ、大きなミスをしなければ順当に昇進する、古い会社にありがちな年功序列ですね」と話す。

 残業手当や学習補助もしっかり出る。財閥会社だけに、社員には温和な人が多いという。

 だが、伝統だけでなく、新しい制度も採り入れている。育児休暇はもとより、時短勤務や子供の急病での有給休暇の優先取得なども実施しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る