【片倉工業】富岡製糸場の経営会社は社員にやさしい

公開日: 更新日:

 世界文化遺産「富岡製糸場」を経営していた同社。建物は05年に富岡市に寄付し、それがめでたく世界遺産となった。

 現在は、製糸業から業態転換し、ショッピングセンターの運営や肌着「キヤロン」の販売などを手掛けている。

 東京都中央区にある本社勤務のAさん(37)は「賞与が年2回、50万円くらいで、年収は550万円と毎年安定しています。人事評価はポイント制で、貯まれば昇進という感じです。まあ、大きなミスをしなければ順当に昇進する、古い会社にありがちな年功序列ですね」と話す。

 残業手当や学習補助もしっかり出る。財閥会社だけに、社員には温和な人が多いという。

 だが、伝統だけでなく、新しい制度も採り入れている。育児休暇はもとより、時短勤務や子供の急病での有給休暇の優先取得なども実施しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る