【片倉工業】富岡製糸場の経営会社は社員にやさしい

公開日: 更新日:

 世界文化遺産「富岡製糸場」を経営していた同社。建物は05年に富岡市に寄付し、それがめでたく世界遺産となった。

 現在は、製糸業から業態転換し、ショッピングセンターの運営や肌着「キヤロン」の販売などを手掛けている。

 東京都中央区にある本社勤務のAさん(37)は「賞与が年2回、50万円くらいで、年収は550万円と毎年安定しています。人事評価はポイント制で、貯まれば昇進という感じです。まあ、大きなミスをしなければ順当に昇進する、古い会社にありがちな年功序列ですね」と話す。

 残業手当や学習補助もしっかり出る。財閥会社だけに、社員には温和な人が多いという。

 だが、伝統だけでなく、新しい制度も採り入れている。育児休暇はもとより、時短勤務や子供の急病での有給休暇の優先取得なども実施しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る