【名古屋トヨペット】300万円のボーナスを手にした営業職も出た

公開日:  更新日:

「景気回復で業績も順調です。昨年の冬のボーナスは初めて100万円の大台を超えました。今年夏のボーナスも同じくらいです。でも消費税増税以降、売れ行きが伸び悩んでいるのが心配ですが」

 こう語るのはSさん(43)。同社は年商1400億円超を誇るトヨタ最大のディーラー。6期ぶりに最高益を出したトヨタ自動車のお膝元だけに、業績も伸びている。30代で300万円近いボーナスを手にした営業職もいるという。

「私のような管理職になると、それほど上がりません。よくトヨタ自動車さんと比べられますが、基本給もそんなに高くないですし、年収レベルは大きな差があります」

 課長職のSさんの月給は約40万円。昨年の夏冬合計のボーナスは約200万円。年収は680万円だ。年齢の割にはそれほど高いとはいえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る