生ビール1杯6秒足らず 「サッポロライオン」達人のスゴ技

公開日:  更新日:

 今年80周年を迎えた老舗ビヤホール「ライオン銀座7丁目店」の名物カウンターマンとして、1日1000杯近い生ビールを注ぐ。この道36年の大ベテランである。

「ビヤホールライオンでは“1度注ぎ”が基本。ジョッキを斜めに傾け、静かにビールを流し込み、回転させることで余分な炭酸を抜きつつ同時にきめこまかな泡をつくります。ビールは泡が命。見た目が美しく、味もまろやかなのは1度注ぎですね」

 こう言って、慣れた手つきでサーバーのコックをひねる。1杯を注ぎ切るのに要する時間はわずか6秒弱。プロ用カメラがとらえきれないほど。電光石火の早業だ。

「少し練習すれば誰でもできるようになりますよ。それより大事なのはビールの品質管理。店の地下には1000リットルのビールタンクが6本あるんですが、常に新鮮な状態を保つために、2日ぐらい先を見越して発注しています。ビールは入荷してから1日は冷却・静置しなければいけないので、足りなくなったからといって急きょ補充することができないんです。タンクの中にどれくらいのビールが残っているかを常に見極めるのも重要ですね。それによって炭酸ガスの圧力を変えなければならないからです。残量が少ないのにガス圧が高いと、ビールに炭酸が溶け込みすぎて、ピリピリとした舌触りになってしまいますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る