ゼロ金利のボーナス活用 貯金より住宅ローン借換えがお得

公開日:  更新日:

 夏のボーナスの使い道1位は「貯金」。とはいえ、ほぼゼロ金利の銀行に預けてもお得感は少ない。それならば、金利の低い今だからこそ、住宅ローンを見直して借金を減らすのが得策だ。

 金融機関の住宅ローン担当者向け指導などをしているファイナンシャルプランナーの池上秀司氏は、全期間固定金利「フラット35」で返済している人は「ローンの見直しをすべき」と語る。

■3年後に約68万円の差

 表のモデルケースを見てほしい。池上氏の協力のもと、3年前に「フラット35」で5000万円のローンを組んだAさんが今、変動金利に借り換えたケースを載せた。約32万円の借換手数料をローンに組み込んでも月額の支払いが初月から約4万2000円減り、借り換え3年後には残高が約68万円も減ることが分かる。

「ローンは毎月の残高に対して金利を掛けて利息を計算します。金利の低い変動金利の方が毎月の支払額が下がる一方、元金返済額が増えます。借換手数料は借入額に加えられ、初期費用の持ち出しも不要です。<金利が2%上昇したら>などと多くの専門家が変動金利を危険視しますが、変動金利は日銀の金融政策の影響を受けます。現在は大規模な金融緩和中。さらに消費増税で景気減速が心配されているのに、常識で考えて日銀が短期金利の2%もの利上げをするでしょうか。そもそも日銀法で急激な金利上昇はできない規則もあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る