ゼロ金利のボーナス活用 貯金より住宅ローン借換えがお得

公開日: 更新日:

 夏のボーナスの使い道1位は「貯金」。とはいえ、ほぼゼロ金利の銀行に預けてもお得感は少ない。それならば、金利の低い今だからこそ、住宅ローンを見直して借金を減らすのが得策だ。

 金融機関の住宅ローン担当者向け指導などをしているファイナンシャルプランナーの池上秀司氏は、全期間固定金利「フラット35」で返済している人は「ローンの見直しをすべき」と語る。

■3年後に約68万円の差

 表のモデルケースを見てほしい。池上氏の協力のもと、3年前に「フラット35」で5000万円のローンを組んだAさんが今、変動金利に借り換えたケースを載せた。約32万円の借換手数料をローンに組み込んでも月額の支払いが初月から約4万2000円減り、借り換え3年後には残高が約68万円も減ることが分かる。

「ローンは毎月の残高に対して金利を掛けて利息を計算します。金利の低い変動金利の方が毎月の支払額が下がる一方、元金返済額が増えます。借換手数料は借入額に加えられ、初期費用の持ち出しも不要です。<金利が2%上昇したら>などと多くの専門家が変動金利を危険視しますが、変動金利は日銀の金融政策の影響を受けます。現在は大規模な金融緩和中。さらに消費増税で景気減速が心配されているのに、常識で考えて日銀が短期金利の2%もの利上げをするでしょうか。そもそも日銀法で急激な金利上昇はできない規則もあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  5. 5

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    手越祐也が“激アツ”会見でマザマザと見せた驚異のスケール

もっと見る