先行auに対抗 ドコモ「iPad」大盤振る舞いの狙い

公開日: 更新日:

 ドコモが驚きのキャンペーンを開始し、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」3社の競争が激化している。アイパッドを“タダ同然”でユーザーに渡しているからだ。

 アイパッドの端末代金は、機種や記憶容量によって約5万5000~10万円ほどだが、通常は24カ月で分割する。しかも毎月補助がつくので、実質負担は毎月せいぜい1500円ほど。この負担額は、3社ともそれほど変わりはない。
 ドコモのキャンペーンは、アイパッドを2台以上買い、なおかついくつかの契約プランを満たした人を対象に、10月請求分の料金から最大1万800円を割り引くというもの。アイパッドのキャンペーンで先行するau(最大1万3000円。9月30日まで)に対抗した格好だ。
 アイパッド導入で、ソフトバンクに後れを取ったドコモとauの2社が、昔の“ゼロ円ケータイ”みたいに大盤振る舞いしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る