先行auに対抗 ドコモ「iPad」大盤振る舞いの狙い

公開日: 更新日:

 ドコモが驚きのキャンペーンを開始し、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」3社の競争が激化している。アイパッドを“タダ同然”でユーザーに渡しているからだ。

 アイパッドの端末代金は、機種や記憶容量によって約5万5000~10万円ほどだが、通常は24カ月で分割する。しかも毎月補助がつくので、実質負担は毎月せいぜい1500円ほど。この負担額は、3社ともそれほど変わりはない。
 ドコモのキャンペーンは、アイパッドを2台以上買い、なおかついくつかの契約プランを満たした人を対象に、10月請求分の料金から最大1万800円を割り引くというもの。アイパッドのキャンペーンで先行するau(最大1万3000円。9月30日まで)に対抗した格好だ。
 アイパッド導入で、ソフトバンクに後れを取ったドコモとauの2社が、昔の“ゼロ円ケータイ”みたいに大盤振る舞いしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る