先行auに対抗 ドコモ「iPad」大盤振る舞いの狙い

公開日:  更新日:

 ドコモが驚きのキャンペーンを開始し、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」3社の競争が激化している。アイパッドを“タダ同然”でユーザーに渡しているからだ。

 アイパッドの端末代金は、機種や記憶容量によって約5万5000~10万円ほどだが、通常は24カ月で分割する。しかも毎月補助がつくので、実質負担は毎月せいぜい1500円ほど。この負担額は、3社ともそれほど変わりはない。
 ドコモのキャンペーンは、アイパッドを2台以上買い、なおかついくつかの契約プランを満たした人を対象に、10月請求分の料金から最大1万800円を割り引くというもの。アイパッドのキャンペーンで先行するau(最大1万3000円。9月30日まで)に対抗した格好だ。
 アイパッド導入で、ソフトバンクに後れを取ったドコモとauの2社が、昔の“ゼロ円ケータイ”みたいに大盤振る舞いしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る