デザイン経験ゼロでもOK 「LINEスタンプ」で一攫千金

公開日: 更新日:

 全世界の利用者数5億人達成目前の無料対話アプリ「LINE」。特徴は何といっても気持ちをイラストで表現する「スタンプ」だろう。人気トップ10に入れば、売り上げは平均2230万円。

 もう少し幅を広げて、100位までなら平均650万円、200位までなら平均410万円だ。懐に入る収入は半分ほどだが、当たればデカイ。

 はたして、どんな人が作っているのか。ラインが発表した「スタンプクリエーター実態調査」から、意外な姿が浮き彫りになった。過半数の約51%は「デザインを勉強したことがない」と回答したのだ。

 対象は、ラインでスタンプを販売している国内のクリエーター893人。平均年齢は約33歳と若いが、最高齢は63歳。職業は「会社員」(約32%)、「自営業・フリー」(約30%)が多く、バイト感覚で作っているらしい。7割強が「イラスト用ソフト」を使い、約25%は「4~7日」で1セット40個を仕上げるのが一般的。「22~30日」かける人も18%いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る