合コンより高ヒット OL口説く必殺ワードは「好き」「大切」

公開日: 更新日:

 2010年、総務省調べによると、男性の生涯未婚率は約19%、女性は約10%。ひと昔前は社内恋愛から結婚というパターンが王道だったが、近ごろは「社内の人は何かと面倒くさそう」とOLたちは敬遠気味。男性も間違ったアプローチをしようものなら、セクハラだのパワハラだのと言われかねず、男女の溝は広がるばかりだ。

「そんなことはありません。社内恋愛のルールにのっとってうまくやれば、合コンよりずっと成功率は高いんですよ」
 こう言うのは、「社内恋愛の教科書」(あさ出版)などの著書を持つ作家の片瀬萩乃氏だ。

 社内の女性を口説く鍵は「さりげなさ」と「逃げ道をつくっておく」の2つ。男性は気になる相手を特別扱いすれば喜ぶと考えがちだが、これは典型的な失敗例。女性はお局さまや同僚の目を気にするため、逆効果になる。男性だってフラれたら仕事がやりづらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る