「雑談力」は最初のひと言が肝心 プロはどうスタートさせる?

公開日: 更新日:

 ある企業のパーティー会場。テーブルで突然、初対面の人と2人きりになってしまった。ともに沈黙。なんとなく気まずい雰囲気だ。

「何か話さなきゃ…」

 ここはパーティー会場だ。初めて会ったとはいえ、隣に立っているのに、無言でいるのは社会人として情けない。もし、相手が取引先に関係がある人だったらなおさら。携帯を取り出すのも印象が悪そう。

 月曜日の朝。会社のビルのエレベーターに飛び込んだら、先に社長が乗っていた。

「おはようございます」

 とっさに、頭は下げた。扉が閉まる。こんな時に限って後からだれも乗ってこない。3階、4階通過…。次の一言が出ない。直属上司だったらフランクに話せるが、相手が社長ではどんな話題を選べばいいのか? 10階までの十数秒が、エライ長時間に思えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

もっと見る