米女性「尊厳死」で注目 人気集めるスイス「安楽死ツアー」

公開日: 更新日:

 末期がんで余命半年と告知された米国オレゴン州の女性(29)が宣言通り、1日に「安楽死」した。米国内では、その是非をめぐって「自殺だ」「尊厳死だ」と大論争となっているが、世界で「安楽死ツアー先」として注目を集めている国があるのをご存じか。日本でも海外旅行先として人気の高いスイスである。

 スイス・チューリヒの法医学研究所のまとめによると、「安楽死」の目的でスイスを訪れたツアー参加者は08~12年の5年間で611人に上ったという。最近は右肩上がりで、08年(123人)から12年(172人)にかけて約1.4倍になった。

 スイスでは「幇助自殺」を禁止する法律が存在せず、医師の薬物処方によって患者の「安楽死」を事実上認めていることが背景にあるようだ。驚いたことに「安楽死」=「幇助自殺」を支援する団体もあるという。

「スイス国内のある支援団体では、入会金などで100万円ほど払えば外国人も会員登録できるところがある。他に年間数千円の会費と『安楽死』にかかる諸経費が必要です。世界中から5000人を超える登録者がいるそうです」(事情通)

 世の中、何でもアリになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る