• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米女性「尊厳死」で注目 人気集めるスイス「安楽死ツアー」

 末期がんで余命半年と告知された米国オレゴン州の女性(29)が宣言通り、1日に「安楽死」した。米国内では、その是非をめぐって「自殺だ」「尊厳死だ」と大論争となっているが、世界で「安楽死ツアー先」として注目を集めている国があるのをご存じか。日本でも海外旅行先として人気の高いスイスである。

 スイス・チューリヒの法医学研究所のまとめによると、「安楽死」の目的でスイスを訪れたツアー参加者は08~12年の5年間で611人に上ったという。最近は右肩上がりで、08年(123人)から12年(172人)にかけて約1.4倍になった。

 スイスでは「幇助自殺」を禁止する法律が存在せず、医師の薬物処方によって患者の「安楽死」を事実上認めていることが背景にあるようだ。驚いたことに「安楽死」=「幇助自殺」を支援する団体もあるという。

「スイス国内のある支援団体では、入会金などで100万円ほど払えば外国人も会員登録できるところがある。他に年間数千円の会費と『安楽死』にかかる諸経費が必要です。世界中から5000人を超える登録者がいるそうです」(事情通)

 世の中、何でもアリになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る