米女性「尊厳死」で注目 人気集めるスイス「安楽死ツアー」

公開日:  更新日:

 末期がんで余命半年と告知された米国オレゴン州の女性(29)が宣言通り、1日に「安楽死」した。米国内では、その是非をめぐって「自殺だ」「尊厳死だ」と大論争となっているが、世界で「安楽死ツアー先」として注目を集めている国があるのをご存じか。日本でも海外旅行先として人気の高いスイスである。

 スイス・チューリヒの法医学研究所のまとめによると、「安楽死」の目的でスイスを訪れたツアー参加者は08~12年の5年間で611人に上ったという。最近は右肩上がりで、08年(123人)から12年(172人)にかけて約1.4倍になった。

 スイスでは「幇助自殺」を禁止する法律が存在せず、医師の薬物処方によって患者の「安楽死」を事実上認めていることが背景にあるようだ。驚いたことに「安楽死」=「幇助自殺」を支援する団体もあるという。

「スイス国内のある支援団体では、入会金などで100万円ほど払えば外国人も会員登録できるところがある。他に年間数千円の会費と『安楽死』にかかる諸経費が必要です。世界中から5000人を超える登録者がいるそうです」(事情通)

 世の中、何でもアリになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る