けん玉が米国でバカ売れ 山形工房「大空」はメタリック塗装

公開日:  更新日:

 玉を皿に載せる遊びのけん玉が、「KENDAMA」として世界でブレークしている。

 ヒップホップダンスはじめ路上パフォーマンスに取り入れられ、パフォーマーの間で「SO COOL!」と評判なのだ。競技用けん玉生産日本一の「山形工房」が手掛ける「大空」は、だれもが欲しがる必須アイテムになっているという。

「競技用けん玉は、日本けん玉協会が認定するけん玉で、弊社は製造指定工場に選ばれています。動画サイトで、米国人の画期的な演技を見て、パフォーマンスとしてのけん玉の可能性を確信し、6年前から米国輸出に取り組み始めたのです。今では、現地の代理店を通じて全米に展開する仕組みを整えています」(梅津雄治社長)

 3年前には、世界的に厳しいとされる米国の安全基準をクリア。はがれにくい塗装と寸法の正確さが、高品質の証しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る