椎名誠氏「日本のおかしさに怒る人が不眠の先駆者になる」

公開日: 更新日:

 ストレス社会で眠れない人が増えている。とはいえ、この人もそうだったとは驚いた。世界中を旅して、キャンプを楽しみ、酒を飲む。人生を謳歌している豪快作家のイメージがあったからだ。そんな椎名さんが書いた「ぼくは眠れない」(新潮新書)を読むと、ストレス社会に悩むサラリーマンの「生きるヒント」が見えてくる。

――35年間、不眠症なんて驚きました。それを告白し、本を書くキッカケは何だったんですか?

 長く付き合いのある編集者がある時、急に「本にしませんか?」って。それで新潮社の「波」という雑誌に連載を書くことにしたんです。

――編集者の方は椎名さんが眠れないことを知っていたんですね。

 一緒にあちこち行くじゃないですか。取材旅行ですから、みんなとスケジュールを合わせなければいけない。僕が寝不足だったり、睡眠薬を飲んで寝すぎたり、とか知っているんですね。

――でも、不眠症をテーマにするのはなかなか勇気もいるし、難しいですよね。

 35年不眠症といっても、ずっと眠れないわけじゃなくて、大波小波、急流、激流、あるいはたまり水みたいなこともあって、いろいろなんです。それで、こういうのって何だろうなあって、さまざまな本を読んだんですが、学者の文章ってのはわかりにくいね。特に脳の分野ね。世の中、不況になってストレス社会になって、違う角度からアプローチする不眠症の本も出てきました。翻訳本もありますね。でも、面白くないんですよ。何でだろうと考えて、気づいたんです。書いている人は不眠症でも何でもないんだと。足が痛くない人がこういう痛みがありますって書いてもリアリティーがないのでカッカする。僕は当事者ですからね。だったら、アカデミカルな論旨じゃなくていいから自分で書いてみようと。もしかしたら自分の不眠解消になるかもしれない。少なくとも、人間はなぜ不眠症になるのか。そういう明確な視点で文献を読んでみよう。そうすれば、糸口が見えるかもしれない。ささやかな期待を持って書いたんですね。

――もちろん、これといったすごい処方箋や解決方法があるわけじゃない。今なお悶々とされている。そういうこともすべて、本には正直に書かれていますね。

 すごく素直に書きましたよ。わからないものはわからないと。書き終わって不眠症が治ったわけじゃないけど、なぜ眠れないのかということが僕なりに朦朧ではあるけれどもわかってきましたね。完治を求めていませんし、多分、完治しない。だから、僕は焦らなくなりました。別に不眠を楽しんでいるわけじゃないけど、付き合っていますよ。ただし、僕の不眠は軽度の甘ったれ不眠でね。人間の体質、性格、環境、条件にもよりますが、いい不眠と悪い不眠があります。悪い不眠は放っておくと鬱につながる。僕が思うに、人間の根源的な問いですね。何を考え、何に向かって生きていくのか。そういうことを明確に確立していれば鬱にならない。鬱につながらない不眠であれば、神経痛と付き合うような感覚でやっていけばいいと思いますけどね。

▽しいな・まこと 1944年6月生まれ。作家、エッセイスト。「わしらは怪しい探険隊」「アド・バード」など著書多数。近著で自身の不眠症格闘記である「ぼくは眠れない」が大きな話題に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた