ビジネスチャンスも転がる 「大阪―上海」往復3万円の船旅

公開日:  更新日:

 成田─上海は約3時間。飛行機の旅は整然として、静寂に包まれている。一方、大阪─上海間の“船旅”は2日間。世界中のバックパッカー、中国の団体旅行客や日本人ビジネスマンなどによる、さまざまな会話が飛び交い、濃密な時が流れる。韓国の旅客船沈没事故で“船旅は怖い”と思われがちだが、果たして上海航路はどうか。

「船で中国へ行こう」――。
 60代の松田康介さん(仮名)がこう考えた理由は3つある。
 1つ目は、往復の料金が飛行機の2分の1ないし3分の1の約3万円と格安という点。
 2つ目は目的地に着くまでが旅と考えている松田さんにとって隣の人とも話さず、沈黙行を強いられる飛行機では旅の楽しさが感じられない。
 3つ目は子供の頃に憧れた、昭和(戦前)の大陸浪人や商人、軍人が味わった渡航の思いを追体験したいと思ったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る