ビジネスチャンスも転がる 「大阪―上海」往復3万円の船旅

公開日: 更新日:

 成田─上海は約3時間。飛行機の旅は整然として、静寂に包まれている。一方、大阪─上海間の“船旅”は2日間。世界中のバックパッカー、中国の団体旅行客や日本人ビジネスマンなどによる、さまざまな会話が飛び交い、濃密な時が流れる。韓国の旅客船沈没事故で“船旅は怖い”と思われがちだが、果たして上海航路はどうか。

「船で中国へ行こう」――。
 60代の松田康介さん(仮名)がこう考えた理由は3つある。
 1つ目は、往復の料金が飛行機の2分の1ないし3分の1の約3万円と格安という点。
 2つ目は目的地に着くまでが旅と考えている松田さんにとって隣の人とも話さず、沈黙行を強いられる飛行機では旅の楽しさが感じられない。
 3つ目は子供の頃に憧れた、昭和(戦前)の大陸浪人や商人、軍人が味わった渡航の思いを追体験したいと思ったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  10. 10

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る