• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ビジネスチャンスも転がる 「大阪―上海」往復3万円の船旅

 成田─上海は約3時間。飛行機の旅は整然として、静寂に包まれている。一方、大阪─上海間の“船旅”は2日間。世界中のバックパッカー、中国の団体旅行客や日本人ビジネスマンなどによる、さまざまな会話が飛び交い、濃密な時が流れる。韓国の旅客船沈没事故で“船旅は怖い”と思われがちだが、果たして上海航路はどうか。

「船で中国へ行こう」――。
 60代の松田康介さん(仮名)がこう考えた理由は3つある。
 1つ目は、往復の料金が飛行機の2分の1ないし3分の1の約3万円と格安という点。
 2つ目は目的地に着くまでが旅と考えている松田さんにとって隣の人とも話さず、沈黙行を強いられる飛行機では旅の楽しさが感じられない。
 3つ目は子供の頃に憧れた、昭和(戦前)の大陸浪人や商人、軍人が味わった渡航の思いを追体験したいと思ったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る