豊田市旅館は摘発 温泉地で大ウケしている「エロサービス」

公開日: 更新日:

 コンパニオンとセックスできるプランが売りの旅館が摘発された。愛知県豊田市の「登里公」(とりこう)という旅館で、宿泊とコンパニオンとの飲み会(2時間)がセットで3万7260~4万500円。客にエッチな行為をさせていたため、愛知県警は経営者の渥美公太郎容疑者(54)と、豊橋市のコンパニオン派遣業の男(40)を売春防止法違反で逮捕した。

「料金にはセックス代も含まれ、コンパニオンは客室や風呂で本番させていた。その中に17歳の少女が2人いたので、警察も見て見ぬふりができなかったようです」(捜査事情通)

 アベノミクスの大宣伝とは裏腹に、多くの温泉地は閑古鳥が鳴いている。客を呼ぶためにやっているのがエロいサービスだ。

■多様化、進化するサービス

 風俗ライターの蛯名泰造氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る