日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アサヒドライゼロ まるでビールの「ぐびぐび、プハー」

 アサヒビールのビールテイスト清涼飲料「アサヒドライゼロ」は2012年2月の発売以来、“ドライなノドごしとクリアな後味”がうけて人気上昇中だ。昨年は、泡もちアップと糖質ゼロ、カロリーゼロを実現し、その勢いは加速。14年1~11月のブランド全体の売り上げも前年比116.6%と好調に推移している。

 ビールテイスト清涼飲料市場は09年にアルコール度数0.00%の商品が登場以来、急拡大してきた。アサヒビールも10年8月に「ダブルゼロ」を発売するが、翌年3月の震災により製造不能となり休売。「ドライゼロ」はその立て直しという形で開発された。

「より強いブランドを出していくため、改めてニーズを分析。すると多くのユーザーは、従来のノンアルコールビールテイストの味に満足していないことがわかった」(マーケティング本部の松橋裕介氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事