アサヒドライゼロ まるでビールの「ぐびぐび、プハー」

公開日: 更新日:

 アサヒビールのビールテイスト清涼飲料「アサヒドライゼロ」は2012年2月の発売以来、“ドライなノドごしとクリアな後味”がうけて人気上昇中だ。昨年は、泡もちアップと糖質ゼロ、カロリーゼロを実現し、その勢いは加速。14年1~11月のブランド全体の売り上げも前年比116.6%と好調に推移している。

 ビールテイスト清涼飲料市場は09年にアルコール度数0.00%の商品が登場以来、急拡大してきた。アサヒビールも10年8月に「ダブルゼロ」を発売するが、翌年3月の震災により製造不能となり休売。「ドライゼロ」はその立て直しという形で開発された。

「より強いブランドを出していくため、改めてニーズを分析。すると多くのユーザーは、従来のノンアルコールビールテイストの味に満足していないことがわかった」(マーケティング本部の松橋裕介氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る