• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アサヒドライゼロ まるでビールの「ぐびぐび、プハー」

 アサヒビールのビールテイスト清涼飲料「アサヒドライゼロ」は2012年2月の発売以来、“ドライなノドごしとクリアな後味”がうけて人気上昇中だ。昨年は、泡もちアップと糖質ゼロ、カロリーゼロを実現し、その勢いは加速。14年1~11月のブランド全体の売り上げも前年比116.6%と好調に推移している。

 ビールテイスト清涼飲料市場は09年にアルコール度数0.00%の商品が登場以来、急拡大してきた。アサヒビールも10年8月に「ダブルゼロ」を発売するが、翌年3月の震災により製造不能となり休売。「ドライゼロ」はその立て直しという形で開発された。

「より強いブランドを出していくため、改めてニーズを分析。すると多くのユーザーは、従来のノンアルコールビールテイストの味に満足していないことがわかった」(マーケティング本部の松橋裕介氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る