アサヒドライゼロ まるでビールの「ぐびぐび、プハー」

公開日:  更新日:

 アサヒビールのビールテイスト清涼飲料「アサヒドライゼロ」は2012年2月の発売以来、“ドライなノドごしとクリアな後味”がうけて人気上昇中だ。昨年は、泡もちアップと糖質ゼロ、カロリーゼロを実現し、その勢いは加速。14年1~11月のブランド全体の売り上げも前年比116.6%と好調に推移している。

 ビールテイスト清涼飲料市場は09年にアルコール度数0.00%の商品が登場以来、急拡大してきた。アサヒビールも10年8月に「ダブルゼロ」を発売するが、翌年3月の震災により製造不能となり休売。「ドライゼロ」はその立て直しという形で開発された。

「より強いブランドを出していくため、改めてニーズを分析。すると多くのユーザーは、従来のノンアルコールビールテイストの味に満足していないことがわかった」(マーケティング本部の松橋裕介氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る