「能率手帳」改め「NOLTY」 日本初「時間目盛り」が起爆剤

公開日: 更新日:

 ビジネス手帳のパイオニアとして業界を牽引してきた「能率手帳」を改め、2013年に新たに誕生したブランド「NOLTY(ノルティ)」に注目だ。春の商戦で大きく売り上げを伸ばし、現在、15年版全143アイテムを発売中の年末商戦も好調。販売冊数を3年間で12年度比150%まで伸ばす当初目標も、十分達成可能な勢いである。

 前身の「能率手帳」は1949年に日本能率協会が会員企業向けに製造・配布したのが始まり。日本で初めて採用した「時間目盛り」が受けて、一般販売へつながった。

「時間目盛りは、当時の理事・大野巌氏のアイデア。生産性向上のためには時間の使い方が大切という考えがもとになった」(日本能率協会マネジメントセンター・NOLTYブランドマネジャーの二宮昌愛氏)

 経営コンサルティングのプロが作った手帳は経営者に大好評。すぐに「うちの会社にも欲しい」との声が高まり、51年に法人向け発売を開始。すると今度は口コミで一般に広まり、58年、ついに店頭販売へ。待望の発売だけに、たちまち大ヒット。“仕事のための手帳を買う”という習慣は当たり前となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る