【つきじ 雄太】和洋中のうまいもんはここにアリ

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は何度も何度も、通いたい路地裏の酒亭です。

「とにかく魚がうまい!」

 そんな評判をどれだけ聞いたことでしょう。“路地裏の酒亭”と掲げる「つきじ 雄太」さん。へー、こんなトコに店があったのか……。そうなんです。見逃しちゃいそうな住宅街に「そっと」ある。知る人ぞ知る築地6丁目の「築地いい店うまい店ストリート」に軒を並べる一軒です。

 カウンター上にズラリと並ぶ手書きのお品書き。ある日の刺し身のラインアップは、マグロ(赤身、トロ)、ヒラメ、カツオ、イワシ、アジ、カンパチ、赤貝、青柳、天然ブリ、そして、アオリイカ……。せっかくですので盛り合わせでぜひどうぞ。いずれもひと切れが大きくダイナミック。でも、決して大味ではない。脂の乗った「その日一番」の魚がいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る