【つきじ 雄太】和洋中のうまいもんはここにアリ

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は何度も何度も、通いたい路地裏の酒亭です。

「とにかく魚がうまい!」

 そんな評判をどれだけ聞いたことでしょう。“路地裏の酒亭”と掲げる「つきじ 雄太」さん。へー、こんなトコに店があったのか……。そうなんです。見逃しちゃいそうな住宅街に「そっと」ある。知る人ぞ知る築地6丁目の「築地いい店うまい店ストリート」に軒を並べる一軒です。

 カウンター上にズラリと並ぶ手書きのお品書き。ある日の刺し身のラインアップは、マグロ(赤身、トロ)、ヒラメ、カツオ、イワシ、アジ、カンパチ、赤貝、青柳、天然ブリ、そして、アオリイカ……。せっかくですので盛り合わせでぜひどうぞ。いずれもひと切れが大きくダイナミック。でも、決して大味ではない。脂の乗った「その日一番」の魚がいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る