【山茂】日本料理の駆け込み寺

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は和食の板前さんが頼りにする食材の“駆け込み寺”です。

 珍味と聞いて、まず酒の肴を連想するアナタ。たしかに間違ってはいないけれど、それは早計ってもんです。珍味と割烹食材一式を取り扱う場外の「山茂」さんで、概念を覆すお話を伺った次第です。さすが築地、さすが“食の台所”のお膝元。若旦那の草薙良則さん(36)、お願いします。

「ざっくりと言うと、板前さんや私たちの感覚では肉・魚・野菜といった生鮮以外の商品は、すべて珍味のくくり。生ものを仕入れたあとは山茂のところに寄れば済む、と思っていただけるぐらいの気持ちでやっています。少し前に取扱商品数をカウントしてみたら、ざっと1万7000~1万8000アイテムありました。なかなかの数ですよねえ。ウチのお客さまは9割がプロ。納め屋さんと呼ばれる配達業者も含め、その大半が割烹や会席といった日本料理に携わっている方々です。世の中の変化のスピードは加速していますが、食文化もご多分に漏れず、10年ひと区切りといったイメージを持っています。時代の流れに合わせた品揃えを続けたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

もっと見る