• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【居酒屋「魚鶏酔産」】まずは一杯! 巻物付きの刺し盛りで

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の情報を紹介する「築地新聞」。今回は王道2大メニューに力を入れるオヤジの聖地(和居酒屋)です。

 うまい〈魚〉と〈鶏〉料理をつまみに銘酒で〈酔〉っぱらいを〈産〉む――。店主の三澤徳彦さん(39)は「どうにも思いつかず、開店ギリギリで名づけたんです」と、ちょっぴりバツが悪そう。でも、小じゃれた横文字が街を埋め尽くす中、この潔さ、好感が持てるってもんです。

 築地警察署の隣、大通りから奥まった場所の地下1階に2013年12月にオープンしました。フリの客がなかなか足を運ばないような立地で奮闘中です。

 立て看板に「赤字覚悟の刺盛」「長野産の松茸焼500円」の文字――。赤字覚悟? 国産の松茸がワンコイン!? 本紙記者は胸を高鳴らせてこちらの店の扉を押したのでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る