【ピグレット】プロシュッテリアで一杯!

公開日: 更新日:

 地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はイタリア産の生ハムとサラミが看板という「プロシュッテリア」です。

 カフェテリアならぬ「プロシュッテリア」。聞き慣れない飲食店の業態ですが、今年3月にオープンした「ピグレット」はサルーミと呼ばれる生ハムやサラミ、ソーセージなどを熟知した職人がイチ押しの食べ方で提供する――酒飲みには楽園のようなお店です。

 魚の町で生ハム。随分アグレッシブな開業だと思いきや、「ギャップやサプライズを狙ったのなら話も弾むのでしょうが、残念ながら偶然です。ただ貴重な縁と機会をいただいた。奇特なビルのオーナーさんに感謝するばかり」とは店主の石内宏史さん(38)。法人と比べ、社会的信用の低い個人店の物件探しは一筋縄ではいかず、この場所に決まるまで物件をあたること200件。都内23区、来る日も来る日もママチャリで走り回ったそうです。そんな石内さん、独立前の修業先や勤め先は国内外合わせて10件近くに及びます。若かりし20代の頃の海千山千の経験がそうさせるのか、物腰の柔らかい話し方と優しい目が印象的。調理師の専門学校を卒業し、国立のリストランテで働いていた当時、猿岩石がヒッチハイクする様子に刺激され、「スーパーシェフを目指すべく、海外のレストランでの修業を思い立った。言葉も話せなければ、コネもツテもない。我ながら、無謀極まりない若者でした」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る