【ピグレット】プロシュッテリアで一杯!

公開日: 更新日:

 地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はイタリア産の生ハムとサラミが看板という「プロシュッテリア」です。

 カフェテリアならぬ「プロシュッテリア」。聞き慣れない飲食店の業態ですが、今年3月にオープンした「ピグレット」はサルーミと呼ばれる生ハムやサラミ、ソーセージなどを熟知した職人がイチ押しの食べ方で提供する――酒飲みには楽園のようなお店です。

 魚の町で生ハム。随分アグレッシブな開業だと思いきや、「ギャップやサプライズを狙ったのなら話も弾むのでしょうが、残念ながら偶然です。ただ貴重な縁と機会をいただいた。奇特なビルのオーナーさんに感謝するばかり」とは店主の石内宏史さん(38)。法人と比べ、社会的信用の低い個人店の物件探しは一筋縄ではいかず、この場所に決まるまで物件をあたること200件。都内23区、来る日も来る日もママチャリで走り回ったそうです。そんな石内さん、独立前の修業先や勤め先は国内外合わせて10件近くに及びます。若かりし20代の頃の海千山千の経験がそうさせるのか、物腰の柔らかい話し方と優しい目が印象的。調理師の専門学校を卒業し、国立のリストランテで働いていた当時、猿岩石がヒッチハイクする様子に刺激され、「スーパーシェフを目指すべく、海外のレストランでの修業を思い立った。言葉も話せなければ、コネもツテもない。我ながら、無謀極まりない若者でした」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る