日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大塚家具】30代半ばで年収450万円前後

 経営権を巡り父親の勝久会長と長女の久美子社長が対立している同社。

 店舗スタッフとして働くAさん(35)の年収は約450万円。人事制度の変更による人件費の削減に不満を漏らす。

「大手だけに給与はしっかりと出ますが、定期昇給は年3000円ほど。年2回のボーナスはノルマの達成率次第で通常は25万円くらい。少ない時は10万円ほどしかもらえません」

 以前は40万円を超えた時もあったが、売り上げの低迷で減る傾向にあるという。

「羽毛布団など、特定の商品を販売すれば1万円のインセンティブが出ます。手当は家族手当だけなので、必然的に売るしかない。上司に気に入られると上客を回してもらえるので、社内営業は欠かせません。実力のある社員が大手チェーン店に転職するケースも少なくない」とAさん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事