【リロバケーションズ】 社員の9割が中途入社の転職組

公開日:  更新日:

「車1台分の投資で別荘が持てる」のキャッチフレーズで会員制リゾートサービスを全国に展開する同社。

 スタッフとして働くAさん(32)の年収は約560万円。本社は新宿だが、仕事のほとんどは地方出張なのだという。

 Aさんは「ノルマがないのが転職理由です」と言ってこう続ける。

「基本給のほか、出張手当が1日1500円で月約3万円です。宿泊は自社物件。なので、必要なのは食費くらいで、毎日近くのコンビニで済ませています。体験宿泊のお客さんにプレゼンをして契約をいただくのが仕事です。私の入社以前はノルマが厳しかったそうですが、会員数も増え、親会社が1部上場企業ということもあり、コンプライアンスが厳しくなりました」

 長期間リゾートで過ごさなければならず、仕事とプライベートの切り替えが難しいとAさんは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る