【ニッカウヰスキー】待遇は親会社のアサヒビールに準ずる

公開日:  更新日:

 NHK朝ドラ「マッサン」の舞台となっている同社。社名はリンゴジュースの商品名「日果」をカタカナにしたものだが、2001年にアサヒビールが全株式を取得し、完全子会社化した。

 開発部門に勤務するAさん(47)は「社風は和やかでガツガツした人は皆無ですね」と言う。

「ストレスとは無縁で、昔ながらの家族的な職場です。商品開発も創業当時から、本物へのこだわりが強く、働く人たちも『会社に魅力を感じている』と口を揃えます。従業員は会社員というより職人のような人が多く、彼らが造りだすウイスキーは芸術品と言っても過言ではありません」

 福利厚生についてはアサヒビールグループとして充実している。親会社の平均年収が860万円であることから、給与もそれに準ずるという。

 Aさんは「良いウイスキーを造るという理念は変わりませんが、膨大な原料リストからコストを試算し、商品化する商人感覚が欠かせません」と語る。

 創業者・竹鶴政孝氏の理念は宮城峡蒸留所がある新川(にっかわ)の清流のごとく脈々と受け継がれているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る