ジョブズも実践 好印象与えるポーズのヒントは彫刻にあった

公開日: 更新日:

 クリント・イーストウッドは、絵になる男だ。84歳の今も立ち姿が凜として威厳がある。
 できる上司も見た目が美しい。逆に言えば、見た目を美しくすれば、仕事ができると思わせることもできる。

 では、イーストウッドはなぜ格好よく見えるのか。「それは美しい立ち方、歩き方、座り方をしているからです」と話すのは、ポージングディレクターの中井信之氏だ。「一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?」(俣野成敏氏との共著)を出版したばかり。

 中井氏が続ける。
「美しい所作には茶道のような型がある。参考にしたいのは、ダビデ像のような世界的な彫刻です。彫刻が人を魅了してやまないのは、美しい型を持っているからです」

 つまり、ビジネスシーンでも場面に応じて彫刻のポーズを真似れば、他人に好印象を与えることができるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る