ジョブズも実践 好印象与えるポーズのヒントは彫刻にあった

公開日:  更新日:

 クリント・イーストウッドは、絵になる男だ。84歳の今も立ち姿が凜として威厳がある。
 できる上司も見た目が美しい。逆に言えば、見た目を美しくすれば、仕事ができると思わせることもできる。

 では、イーストウッドはなぜ格好よく見えるのか。「それは美しい立ち方、歩き方、座り方をしているからです」と話すのは、ポージングディレクターの中井信之氏だ。「一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?」(俣野成敏氏との共著)を出版したばかり。

 中井氏が続ける。
「美しい所作には茶道のような型がある。参考にしたいのは、ダビデ像のような世界的な彫刻です。彫刻が人を魅了してやまないのは、美しい型を持っているからです」

 つまり、ビジネスシーンでも場面に応じて彫刻のポーズを真似れば、他人に好印象を与えることができるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る