• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

電波で左右、メンテ必須…ドローンの“弱点”を専門家が解説

 ドローン事件で逮捕された山本泰雄容疑者は官邸の近くから飛ばした機体が操縦不能になったことをブログに記していた。

 ドローンといえば、22日に東京MXテレビが撮影用に飛ばした機体が英国大使館の敷地に落下。26日には、さいたま市で朝日を空撮していた男性のドローンが埼玉スタジアム2002に落ちた。いずれも操縦不能に陥ってのハプニングだった。

 ドローンは撮影などが手軽にできる最先端の小型無人機だが、弱点は少なくない。「ラジコン技術」編集部の林祐司氏が解説する。

「ドローンの電波の周波数は2・4ギガヘルツで、機体が直進するときはちゃんとコントロールできますが、ビルや林などを回り込んで物陰に隠れると大幅に電波が弱まります。2.4ギガヘルツはスマホやタブレットと同じ周波数なので、それらの端末を持つ人がたくさんいるオフィス街などでは電波が混雑してコントロールしにくくなるのも特徴。電波が弱まると自動的に戻ってくるドローンもありますが、木の枝や飛んでいる鳥にぶつかってGPSが故障し、帰還できないことも少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る