電波で左右、メンテ必須…ドローンの“弱点”を専門家が解説

公開日: 更新日:

 ドローン事件で逮捕された山本泰雄容疑者は官邸の近くから飛ばした機体が操縦不能になったことをブログに記していた。

 ドローンといえば、22日に東京MXテレビが撮影用に飛ばした機体が英国大使館の敷地に落下。26日には、さいたま市で朝日を空撮していた男性のドローンが埼玉スタジアム2002に落ちた。いずれも操縦不能に陥ってのハプニングだった。

 ドローンは撮影などが手軽にできる最先端の小型無人機だが、弱点は少なくない。「ラジコン技術」編集部の林祐司氏が解説する。

「ドローンの電波の周波数は2・4ギガヘルツで、機体が直進するときはちゃんとコントロールできますが、ビルや林などを回り込んで物陰に隠れると大幅に電波が弱まります。2.4ギガヘルツはスマホやタブレットと同じ周波数なので、それらの端末を持つ人がたくさんいるオフィス街などでは電波が混雑してコントロールしにくくなるのも特徴。電波が弱まると自動的に戻ってくるドローンもありますが、木の枝や飛んでいる鳥にぶつかってGPSが故障し、帰還できないことも少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  10. 10

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

もっと見る