• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7月法改正も…セグウェイが全国の公道を走る日は来るのか

 先月下旬、国土交通省が電動二輪車「セグウェイ」など搭乗型移動支援ロボットを公道で使用する“実証実験”を全国で実施できるようにすると発表した。7月にも法改正を行うという。同じようなロボットは日本のメーカーも開発を進めている。果たして、身近で実用的なものになるのか。

■個人使用は不可能

「セグウェイ」は2011年から、構造改革特区制度を利用して、つくば市などで公道での実証実験が行われてきた。ここで特に問題が発生しなかったとして、国交省は全国規模で実証実験を行えるよう、今年7月に道路運送車両法の施行規則を緩和するという。法改正の内容は今後、パブリックコメントを募った上で確定するが、いまのところ、ミラーやライトなどを付けず、ほぼセグウェイの原形のまま公道で使用できるようになる見込みだ。

 しかし、個人が公道で使用できるかというと、そうでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る