苦情5700件…「がん保険」給付金が出ないケースに要注意

公開日:  更新日:

 かんぽ生命が今月からアメリカンファミリー生命(アフラック)のがん保険を販売する。すでに系列の郵便局も同社のがん保険を取り扱っているから、よほど儲かるようだ。だが、その一方で給付金の不払いも問題になっている。

 日刊ゲンダイは、これまでも高額な保険料など割に合わない保険のカラクリを紹介してきた。しかし、いざというときの保障が欲しい人もいる。生命保険協会によれば、がん保険の契約数は12年度で2054万件、保有契約高は38兆円という凄まじい金額だ。

 ところが、がん保険に入っているのに、肝心の給付金が支払われないことがある。生命保険協会への保険全般に関する苦情・相談件数は、12年度で1万件を超えている。

「苦情と一般相談の合計は1万3134件。うち苦情は5697件で、その約28%が保険金・給付金に関するものです」(生命保険協会・担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る