苦情5700件…「がん保険」給付金が出ないケースに要注意

公開日: 更新日:

 かんぽ生命が今月からアメリカンファミリー生命(アフラック)のがん保険を販売する。すでに系列の郵便局も同社のがん保険を取り扱っているから、よほど儲かるようだ。だが、その一方で給付金の不払いも問題になっている。

 日刊ゲンダイは、これまでも高額な保険料など割に合わない保険のカラクリを紹介してきた。しかし、いざというときの保障が欲しい人もいる。生命保険協会によれば、がん保険の契約数は12年度で2054万件、保有契約高は38兆円という凄まじい金額だ。

 ところが、がん保険に入っているのに、肝心の給付金が支払われないことがある。生命保険協会への保険全般に関する苦情・相談件数は、12年度で1万件を超えている。

「苦情と一般相談の合計は1万3134件。うち苦情は5697件で、その約28%が保険金・給付金に関するものです」(生命保険協会・担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る