狐がコーンと<千駄木>

公開日:  更新日:

 すずらん通りの某店で飲む予定だった。「見知った客ばかり」との常連客の言葉が象徴する通り、教えてもらわなければ入る気にならない、そっけない門構え。人によっては、ドアを開けるのも勇気がいるだろう。

 ところが入ってみれば、天国。常連も一見も等しく距離を置いて接する主人。料理は一手間も二手間もかけていて、和洋中すべてうまい。居心地抜群。1回行って、その後、土日を挟んですぐに行きたくなったのは、当然のことだと思う。

 ところが、まさかの「しばらくお休みします」の張り紙。飲んで、食べて、昇天する予定だったのに! うーん、どうしようかな。

 千駄木を最近気に入っているのは、歌舞伎町などとはまた違った「混在感」があるから。オシャレな雰囲気のカフェバーで喪服姿の高齢女性が飲んでいたり、昭和の雰囲気の飲み屋街に生フルーツのカクテルを飲ませるバーがあったり。いかにも谷根千散歩の“観光客”向けの店なのに、地元客に愛されていて、そして上を見上げれば住まいがあり、“観光”も“生活”も一緒くた、というような。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る