狐がコーンと<千駄木>

公開日: 更新日:

 すずらん通りの某店で飲む予定だった。「見知った客ばかり」との常連客の言葉が象徴する通り、教えてもらわなければ入る気にならない、そっけない門構え。人によっては、ドアを開けるのも勇気がいるだろう。

 ところが入ってみれば、天国。常連も一見も等しく距離を置いて接する主人。料理は一手間も二手間もかけていて、和洋中すべてうまい。居心地抜群。1回行って、その後、土日を挟んですぐに行きたくなったのは、当然のことだと思う。

 ところが、まさかの「しばらくお休みします」の張り紙。飲んで、食べて、昇天する予定だったのに! うーん、どうしようかな。

 千駄木を最近気に入っているのは、歌舞伎町などとはまた違った「混在感」があるから。オシャレな雰囲気のカフェバーで喪服姿の高齢女性が飲んでいたり、昭和の雰囲気の飲み屋街に生フルーツのカクテルを飲ませるバーがあったり。いかにも谷根千散歩の“観光客”向けの店なのに、地元客に愛されていて、そして上を見上げれば住まいがあり、“観光”も“生活”も一緒くた、というような。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る