狐がコーンと<千駄木>

公開日:  更新日:

 すずらん通りの某店で飲む予定だった。「見知った客ばかり」との常連客の言葉が象徴する通り、教えてもらわなければ入る気にならない、そっけない門構え。人によっては、ドアを開けるのも勇気がいるだろう。

 ところが入ってみれば、天国。常連も一見も等しく距離を置いて接する主人。料理は一手間も二手間もかけていて、和洋中すべてうまい。居心地抜群。1回行って、その後、土日を挟んですぐに行きたくなったのは、当然のことだと思う。

 ところが、まさかの「しばらくお休みします」の張り紙。飲んで、食べて、昇天する予定だったのに! うーん、どうしようかな。

 千駄木を最近気に入っているのは、歌舞伎町などとはまた違った「混在感」があるから。オシャレな雰囲気のカフェバーで喪服姿の高齢女性が飲んでいたり、昭和の雰囲気の飲み屋街に生フルーツのカクテルを飲ませるバーがあったり。いかにも谷根千散歩の“観光客”向けの店なのに、地元客に愛されていて、そして上を見上げれば住まいがあり、“観光”も“生活”も一緒くた、というような。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る