• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人生が倍速で楽しめる「楽読」 スクール代表が練習法を伝授

 本が速く読めたら……。JR山手線駒込駅から1分、「楽読駒込スクール」には、そんな仕事帰りの営業マンや、昇進試験、資格試験を目指す人などさまざまなサラリーマンが通う。

「楽読とは、脳トレを利用した楽しい速読法です。会議資料、メール、説明書など、『読む』という作業は一日の中でかなりのウエートを占めています。そこを『楽読』で短縮すれば、かなりの時短になります」と代表の秋畑誠氏が言う。

 この楽読、2013年夏の甲子園に出場し、初戦を突破した山梨県日川高校も採用。トレーニングによって動体視力と右脳能力が高まるため、高校生でも150キロの剛速球を打てるようになったという。試合中のベンチで本をパラパラと開いている様子は当時の新聞でも報道された。

 では、どんなトレーニングをするのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る