人生が倍速で楽しめる「楽読」 スクール代表が練習法を伝授

公開日: 更新日:

 本が速く読めたら……。JR山手線駒込駅から1分、「楽読駒込スクール」には、そんな仕事帰りの営業マンや、昇進試験、資格試験を目指す人などさまざまなサラリーマンが通う。

「楽読とは、脳トレを利用した楽しい速読法です。会議資料、メール、説明書など、『読む』という作業は一日の中でかなりのウエートを占めています。そこを『楽読』で短縮すれば、かなりの時短になります」と代表の秋畑誠氏が言う。

 この楽読、2013年夏の甲子園に出場し、初戦を突破した山梨県日川高校も採用。トレーニングによって動体視力と右脳能力が高まるため、高校生でも150キロの剛速球を打てるようになったという。試合中のベンチで本をパラパラと開いている様子は当時の新聞でも報道された。

 では、どんなトレーニングをするのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  3. 3

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る