人生が倍速で楽しめる「楽読」 スクール代表が練習法を伝授

公開日:  更新日:

 本が速く読めたら……。JR山手線駒込駅から1分、「楽読駒込スクール」には、そんな仕事帰りの営業マンや、昇進試験、資格試験を目指す人などさまざまなサラリーマンが通う。

「楽読とは、脳トレを利用した楽しい速読法です。会議資料、メール、説明書など、『読む』という作業は一日の中でかなりのウエートを占めています。そこを『楽読』で短縮すれば、かなりの時短になります」と代表の秋畑誠氏が言う。

 この楽読、2013年夏の甲子園に出場し、初戦を突破した山梨県日川高校も採用。トレーニングによって動体視力と右脳能力が高まるため、高校生でも150キロの剛速球を打てるようになったという。試合中のベンチで本をパラパラと開いている様子は当時の新聞でも報道された。

 では、どんなトレーニングをするのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る