人生が倍速で楽しめる「楽読」 スクール代表が練習法を伝授

公開日: 更新日:

 本が速く読めたら……。JR山手線駒込駅から1分、「楽読駒込スクール」には、そんな仕事帰りの営業マンや、昇進試験、資格試験を目指す人などさまざまなサラリーマンが通う。

「楽読とは、脳トレを利用した楽しい速読法です。会議資料、メール、説明書など、『読む』という作業は一日の中でかなりのウエートを占めています。そこを『楽読』で短縮すれば、かなりの時短になります」と代表の秋畑誠氏が言う。

 この楽読、2013年夏の甲子園に出場し、初戦を突破した山梨県日川高校も採用。トレーニングによって動体視力と右脳能力が高まるため、高校生でも150キロの剛速球を打てるようになったという。試合中のベンチで本をパラパラと開いている様子は当時の新聞でも報道された。

 では、どんなトレーニングをするのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る