ダイエットの意外な“盲点” 太りにくい食材は「血液型」で違う

公開日:  更新日:

 薄着の季節到来。気になる体形をなんとかしたいと、「キャベツダイエット」「玄米ダイエット」などちまたでウワサのダイエットをあれこれやってみるものの、うまくいったためしがない……。そんな人は、自分の血液型を見直したほうがいいかもしれない。

「特に食材を選ぶダイエットは、血液型に合っていないと逆に太ってしまうこともあるので要注意です」

 こう話すのは、米国連邦政府公認ドクターオブカイロプラクティック、中島カイロプラクティックセンターの中島旻保院長。

■カギを握る「レクチン」の正体は?

「食物にはタンパク質の一種、レクチンというものが含まれています。レクチンにはいろいろな種類がありますが、それぞれ血液型との相性が異なります。その血液型に合わないレクチンを含んだ食物を取ると、体重が増加しやすくなったり、体調を崩しやすくなったりするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る