• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダイエットの意外な“盲点” 太りにくい食材は「血液型」で違う

 薄着の季節到来。気になる体形をなんとかしたいと、「キャベツダイエット」「玄米ダイエット」などちまたでウワサのダイエットをあれこれやってみるものの、うまくいったためしがない……。そんな人は、自分の血液型を見直したほうがいいかもしれない。

「特に食材を選ぶダイエットは、血液型に合っていないと逆に太ってしまうこともあるので要注意です」

 こう話すのは、米国連邦政府公認ドクターオブカイロプラクティック、中島カイロプラクティックセンターの中島旻保院長。

■カギを握る「レクチン」の正体は?

「食物にはタンパク質の一種、レクチンというものが含まれています。レクチンにはいろいろな種類がありますが、それぞれ血液型との相性が異なります。その血液型に合わないレクチンを含んだ食物を取ると、体重が増加しやすくなったり、体調を崩しやすくなったりするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る