日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダイエットの意外な“盲点” 太りにくい食材は「血液型」で違う

 薄着の季節到来。気になる体形をなんとかしたいと、「キャベツダイエット」「玄米ダイエット」などちまたでウワサのダイエットをあれこれやってみるものの、うまくいったためしがない……。そんな人は、自分の血液型を見直したほうがいいかもしれない。

「特に食材を選ぶダイエットは、血液型に合っていないと逆に太ってしまうこともあるので要注意です」

 こう話すのは、米国連邦政府公認ドクターオブカイロプラクティック、中島カイロプラクティックセンターの中島旻保院長。

■カギを握る「レクチン」の正体は?

「食物にはタンパク質の一種、レクチンというものが含まれています。レクチンにはいろいろな種類がありますが、それぞれ血液型との相性が異なります。その血液型に合わないレクチンを含んだ食物を取ると、体重が増加しやすくなったり、体調を崩しやすくなったりするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事