ダイエットの意外な“盲点” 太りにくい食材は「血液型」で違う

公開日:  更新日:

 薄着の季節到来。気になる体形をなんとかしたいと、「キャベツダイエット」「玄米ダイエット」などちまたでウワサのダイエットをあれこれやってみるものの、うまくいったためしがない……。そんな人は、自分の血液型を見直したほうがいいかもしれない。

「特に食材を選ぶダイエットは、血液型に合っていないと逆に太ってしまうこともあるので要注意です」

 こう話すのは、米国連邦政府公認ドクターオブカイロプラクティック、中島カイロプラクティックセンターの中島旻保院長。

■カギを握る「レクチン」の正体は?

「食物にはタンパク質の一種、レクチンというものが含まれています。レクチンにはいろいろな種類がありますが、それぞれ血液型との相性が異なります。その血液型に合わないレクチンを含んだ食物を取ると、体重が増加しやすくなったり、体調を崩しやすくなったりするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る