取扱中止に値上げも…「養老保険」それでもメリットはある?

公開日: 更新日:

 超低金利の影響を受けて、養老保険の存在感が薄れている。万が一の保障と満期の受け取りが同額のため、かつては貯蓄性が高いとされた保険だ。

 保険料は一括払いと月払い、年払いの3タイプあるが、住友生命が昨年1月、ソニー生命が同10月に一時払い養老保険の取り扱いを中止。さらに、生保大手も養老保険の保険料を値上げした。そのため受取時は元本割れを起こし、養老保険は“保険悪”の代表とされている。

 住宅購入者検討会などで活躍するファイナンシャルプランナーの池上秀司氏がこう語る。

「確かに利率を見ると『貯金』としては良くない。今の養老保険は史上最低利回り。お客さまにもメリットがないから積極的に販売しない。それが現状です。しかし『保険』なので預貯金と違い、『保障』がついています。掛け捨ての保険に入って貯金を積み立てたほうが得、という意見もありますが、そうなると保険料を確実に掛け捨てながら、もう一方の積み立ては超低金利となってしまう。『掛け捨て保険+貯金積み立て』より養老保険の方が有利になるケースも考えられる状況です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  2. 2

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  3. 3

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  7. 7

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  10. 10

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

もっと見る