<市ケ谷~四ツ谷> ここはリゾート地?

公開日:  更新日:

 市ケ谷駅を出て、新坂を行く。説明文によれば、江戸時代の地図には新坂はなく、東側の帯坂や西側の三年坂へ迂回する道が書かれていた。ところが、明治時代になると、この道の計画が持ち上がった。江戸時代にはなかったから“新しい坂”。歴史が連綿と現代に続いていることを実感する。

 新坂を上がった辺りが、五番町だ。フランスの風刺画家ビゴー、泉鏡花、内田百閒、吉行淳之介らが住んでいたそうで、ひどく静か。ソニー・ミュージックエンタテインメントのビルを左手に、四ツ谷方向へ。

 さて、ここからが今日のメーン。階段を十数段上ると、市ケ谷駅から数分の場所とは思えぬほど、緑がいっぱいの歩道に出る。

 草の絡まる太い木が何本も真っすぐ、線路側に伸びている。森の中なら天空に向かって垂直に伸びるのだろうが、光を求めてか、一斉に斜めに伸びている光景は圧巻。これは、見ないとわからない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る