• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<市ケ谷~四ツ谷> ここはリゾート地?

 市ケ谷駅を出て、新坂を行く。説明文によれば、江戸時代の地図には新坂はなく、東側の帯坂や西側の三年坂へ迂回する道が書かれていた。ところが、明治時代になると、この道の計画が持ち上がった。江戸時代にはなかったから“新しい坂”。歴史が連綿と現代に続いていることを実感する。

 新坂を上がった辺りが、五番町だ。フランスの風刺画家ビゴー、泉鏡花、内田百閒、吉行淳之介らが住んでいたそうで、ひどく静か。ソニー・ミュージックエンタテインメントのビルを左手に、四ツ谷方向へ。

 さて、ここからが今日のメーン。階段を十数段上ると、市ケ谷駅から数分の場所とは思えぬほど、緑がいっぱいの歩道に出る。

 草の絡まる太い木が何本も真っすぐ、線路側に伸びている。森の中なら天空に向かって垂直に伸びるのだろうが、光を求めてか、一斉に斜めに伸びている光景は圧巻。これは、見ないとわからない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る