最古の炭酸飲料にも苦難が 「三ツ矢サイダー」“V字回復”秘話

公開日: 更新日:

「120周年を翌年に控えた2003年ごろは、正直、危ない状況でした。私が入社して間もない頃でしたね。今ではコンビニなどでも見かけますが、当時は名前が知られていても、どこにでも置かれている商品じゃなかった。探すのが大変だったくらいです。それでも、社員にとっては思い入れの深い商品。節目を前に『危機的な状況を打破しなければ』とマーケティング部中心に、あらゆる部署の人間が集まる全社的な会議をしたんです」

 導かれた答えは原点回帰。ずっと、飲み継がれてきたのは子どもからお年寄りまで親しめる「安心・安全」な商品だったから。そこで、「製法」にこだわって味をリニューアル。ろ過を重ねた透き通った「水」と、レモンやオレンジなどの果実からとった果実由来の「香り」、さらに熱を加えないさわやかな味わいを前面に出した。CMで消費者にも訴えた。これが奏功し、売り上げはV字回復。そこから10年、味は変えていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  6. 6

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る