温暖化で相次ぐサメ出没 現実味帯びる映画「ジョーズ」の世界

公開日:  更新日:

 映画「ジョーズ」の世界が現実となるのか――。

 静岡県焼津市の沖合でシュモクザメ2匹が泳いでいるのが目撃され、10日、2つの海水浴場が遊泳禁止になった。先週7日には、茨城県鉾田市周辺の沖合で16匹のサメが確認されている。鹿児島でもシュモクザメ1匹が見つかった。今年に限って日本で目撃が相次いでいるような気がするが、一体なぜなのか。北大名誉教授でサメの生態に詳しい仲谷一宏氏に聞いてみた。

「暖流が勢力を増すと南方からサメが上がってきます。そのため、この時期、静岡や茨城での目撃は不思議ではありません。今後、全国各地でサメで出没するようになってもおかしくないのです」

  温暖化の影響で、毎年恒例化しそうなのである。

「北の海域や深海にいる種類もありますが、大部分は熱帯地域に生息しています。海水温の上昇で生息場所の変化が起きているかもしれません。サメはエサを追いかけて回遊しますが、エサとなる魚類なども水温の変化で移動していると考えられます」(北大名誉教授の尼岡邦夫氏=魚類学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る