• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

温暖化で相次ぐサメ出没 現実味帯びる映画「ジョーズ」の世界

 映画「ジョーズ」の世界が現実となるのか――。

 静岡県焼津市の沖合でシュモクザメ2匹が泳いでいるのが目撃され、10日、2つの海水浴場が遊泳禁止になった。先週7日には、茨城県鉾田市周辺の沖合で16匹のサメが確認されている。鹿児島でもシュモクザメ1匹が見つかった。今年に限って日本で目撃が相次いでいるような気がするが、一体なぜなのか。北大名誉教授でサメの生態に詳しい仲谷一宏氏に聞いてみた。

「暖流が勢力を増すと南方からサメが上がってきます。そのため、この時期、静岡や茨城での目撃は不思議ではありません。今後、全国各地でサメで出没するようになってもおかしくないのです」

  温暖化の影響で、毎年恒例化しそうなのである。

「北の海域や深海にいる種類もありますが、大部分は熱帯地域に生息しています。海水温の上昇で生息場所の変化が起きているかもしれません。サメはエサを追いかけて回遊しますが、エサとなる魚類なども水温の変化で移動していると考えられます」(北大名誉教授の尼岡邦夫氏=魚類学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る