部位で手入れ方法に違い 探れば奥深い「体毛ケア」最新事情

公開日:  更新日:

■ゆで卵のようにツルツルにしている人も……

 先日、日刊ゲンダイ記者(41歳女性)が赤提灯で一杯やってると、「睾丸の毛を一本一本ピンセットで抜いている」という男性に会った。付き合っている彼女の好みらしく、好奇心に負けて見せてもらうと、ゆで卵のようにツルツルだった。

 これは極端な例かもしれないが、男性の間で、体毛ケアへの関心が高まりつつあるという。

 体毛ケアをしていない男性は「暑苦しい」「気持ち悪い・臭そう」「不潔」――。家電などを扱う「フィリップスエレクトロニクスジャパン」が今年行った「男性の体毛に関する意識調査」を見ると、女性の本音がテンコ盛りだ。「男性はムダ毛をケアすべきだと思いますか?」との質問には、7割以上の女性が「はい」と答えた。

 あるヘアメークは、「日本人の男性は白い肌に黒い体毛なので、白人や黒人と比べて体毛が目立ちやすい。また、水に濡れると体毛が渦を巻くので“気持ち悪い”と思われがち。やはり、体毛ケアをさりげなくしている人の方が好感度は増します。男性アイドルもほとんどがケアしています」と明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る