遺伝子変異で免疫効かず 「新型ノロウイルス」が大流行の兆し

公開日:  更新日:

 激しい嘔吐や下痢を引き起こすノロウイルスの新型が、今年初めから感染を広げている。過去最悪の被害を出した2006年以来の大流行の兆しがあり、注意が必要だ。

 川崎市健康安全研究所と国立感染症研究所などのグループの調査によると、昨年からノロウイルスの遺伝子配列を解読したところ、これまでのウイルスと違う型を発見した。従来の型が変異したもので、人がそれまでに獲得した免疫が役に立たないという。

 発見されたのは「GⅡ・17」。昨年冬に中国で類似型が発見されたほか、米国などでも同様のタイプのウイルスが見つかっているという。これまで主に確認されてきた型は「GⅡ・4」で、これが流行の主流だった。新型「GⅡ・17」は今年1月ごろから国内で増え始め、2、3月にはほとんどがこの型になったという。

「人は新型への免疫がないため、かかりやすい。その分、急速に広がりつつあります。このまま新型が広まれば、06年以上の大流行になりかねない勢いです。手洗いやうがいなど予防の徹底を呼びかけています」(川崎市健康安全研究所)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る