遺伝子変異で免疫効かず 「新型ノロウイルス」が大流行の兆し

公開日:  更新日:

 激しい嘔吐や下痢を引き起こすノロウイルスの新型が、今年初めから感染を広げている。過去最悪の被害を出した2006年以来の大流行の兆しがあり、注意が必要だ。

 川崎市健康安全研究所と国立感染症研究所などのグループの調査によると、昨年からノロウイルスの遺伝子配列を解読したところ、これまでのウイルスと違う型を発見した。従来の型が変異したもので、人がそれまでに獲得した免疫が役に立たないという。

 発見されたのは「GⅡ・17」。昨年冬に中国で類似型が発見されたほか、米国などでも同様のタイプのウイルスが見つかっているという。これまで主に確認されてきた型は「GⅡ・4」で、これが流行の主流だった。新型「GⅡ・17」は今年1月ごろから国内で増え始め、2、3月にはほとんどがこの型になったという。

「人は新型への免疫がないため、かかりやすい。その分、急速に広がりつつあります。このまま新型が広まれば、06年以上の大流行になりかねない勢いです。手洗いやうがいなど予防の徹底を呼びかけています」(川崎市健康安全研究所)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る