オーラルSEXでも感染 致死率30%「人食いバクテリア」の恐怖

公開日:  更新日:

 手足が壊死し、致死率が30%にのぼる「人食いバクテリア」が猛威を振るっている。正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」。典型的な症例は93年に初めて報告され、その後、患者数は年100人前後だったが、2012年に200人を突破。ついに今年の患者数は279人となり、過去最多となったと、国立感染症研究所が発表した。

 レンサ球菌の初期症状は、手足の腫れや激しい喉や舌の痛み、全身に赤い発疹が広がるなどさまざま。2~5日の潜伏期間の後、突然38度以上の発熱があり、激症化すると数十時間以内に手足の筋肉が急激に壊死し、ショック症状や多臓器不全に陥ることがある。

■アソコが暗赤色に変色し…

 感染経路は「飛沫感染」「接触感染」どちらもあるが、“フェラチオ”で感染するケースもあるというからゾッとする。岐阜医療科学大の中山章文教授(微生物検査学)が、14年の「日本臨床微生物学雑誌」に、男性のレンサ球菌患者の症例としてこんな論文を寄稿している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る