オーラルSEXでも感染 致死率30%「人食いバクテリア」の恐怖

公開日: 更新日:

 手足が壊死し、致死率が30%にのぼる「人食いバクテリア」が猛威を振るっている。正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」。典型的な症例は93年に初めて報告され、その後、患者数は年100人前後だったが、2012年に200人を突破。ついに今年の患者数は279人となり、過去最多となったと、国立感染症研究所が発表した。

 レンサ球菌の初期症状は、手足の腫れや激しい喉や舌の痛み、全身に赤い発疹が広がるなどさまざま。2~5日の潜伏期間の後、突然38度以上の発熱があり、激症化すると数十時間以内に手足の筋肉が急激に壊死し、ショック症状や多臓器不全に陥ることがある。

■アソコが暗赤色に変色し…

 感染経路は「飛沫感染」「接触感染」どちらもあるが、“フェラチオ”で感染するケースもあるというからゾッとする。岐阜医療科学大の中山章文教授(微生物検査学)が、14年の「日本臨床微生物学雑誌」に、男性のレンサ球菌患者の症例としてこんな論文を寄稿している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

もっと見る