オーラルSEXでも感染 致死率30%「人食いバクテリア」の恐怖

公開日: 更新日:

 手足が壊死し、致死率が30%にのぼる「人食いバクテリア」が猛威を振るっている。正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」。典型的な症例は93年に初めて報告され、その後、患者数は年100人前後だったが、2012年に200人を突破。ついに今年の患者数は279人となり、過去最多となったと、国立感染症研究所が発表した。

 レンサ球菌の初期症状は、手足の腫れや激しい喉や舌の痛み、全身に赤い発疹が広がるなどさまざま。2~5日の潜伏期間の後、突然38度以上の発熱があり、激症化すると数十時間以内に手足の筋肉が急激に壊死し、ショック症状や多臓器不全に陥ることがある。

■アソコが暗赤色に変色し…

 感染経路は「飛沫感染」「接触感染」どちらもあるが、“フェラチオ”で感染するケースもあるというからゾッとする。岐阜医療科学大の中山章文教授(微生物検査学)が、14年の「日本臨床微生物学雑誌」に、男性のレンサ球菌患者の症例としてこんな論文を寄稿している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る