• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

犯人逮捕に威力発揮 「家庭用防犯カメラ」アキバの売れ筋は?

 中学生2人が凶悪犯の毒牙にかかった寝屋川殺人・死体遺棄事件。犯行解明に大いに力を発揮したのは監視カメラだった。捜査関係者は商店街、道路、コンビニなど何台もの監視カメラの映像を丹念に調べ上げて、犯人を追いつめた。

 都内でも港区、千代田区、板橋区などが、自治会や商店会に設置時に補助金を出すなどして設置を推進中。“監視カメラ”時代は、いや応なしに拡大している。プライバシーの問題は残るものの、防犯上、カメラの存在は重要性を増しているのだ。

 では、一般家庭ではどうか。ここ数年、一戸建てやマンションでも防犯カメラの設置や新型への交換が増加しているという。外部からの侵入者や周囲の不審者に対して、24時間体制で目を光らせることができるからだ。

■予算は8万~9万円台

 ズバリ、いま、どんな機種が売れているのか? JR秋葉原駅前で、セキュリティー機器を扱う「ワイケー無線」の尾﨑一雄代表が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る