犯人逮捕に威力発揮 「家庭用防犯カメラ」アキバの売れ筋は?

公開日:  更新日:

 中学生2人が凶悪犯の毒牙にかかった寝屋川殺人・死体遺棄事件。犯行解明に大いに力を発揮したのは監視カメラだった。捜査関係者は商店街、道路、コンビニなど何台もの監視カメラの映像を丹念に調べ上げて、犯人を追いつめた。

 都内でも港区、千代田区、板橋区などが、自治会や商店会に設置時に補助金を出すなどして設置を推進中。“監視カメラ”時代は、いや応なしに拡大している。プライバシーの問題は残るものの、防犯上、カメラの存在は重要性を増しているのだ。

 では、一般家庭ではどうか。ここ数年、一戸建てやマンションでも防犯カメラの設置や新型への交換が増加しているという。外部からの侵入者や周囲の不審者に対して、24時間体制で目を光らせることができるからだ。

■予算は8万~9万円台

 ズバリ、いま、どんな機種が売れているのか? JR秋葉原駅前で、セキュリティー機器を扱う「ワイケー無線」の尾﨑一雄代表が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る