• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デキる男はブレーク上手 ビジネスマンに効く「5つの休息術」

“勤勉”な日本人サラリーマンは休むのが苦手――。仕事で結果を出したい人ほど、休むことで逆に罪悪感を持ったり、ストレスを抱えるという。年間、文化人・エッセイスト養成講座で800回の授業を行い、100回のイベントを主催する潮凪洋介氏は、講演や原稿執筆などに追われる多忙な生活を15年間続ける。潮凪氏が分析した“デキるビジネスマン”の5つの休息術とは――。

(1)2時間作業し、1時間寝る

 明日までに仕上げなくてはならない仕事。人には頼めないから今夜は徹夜だ――。

「“睡眠の力”を借りることです。『睡眠は小さな死』といわれる通り、起きるたびにリセットされる。作業が完了するまで、2時間作業→1時間睡眠を繰り返す。カフェインは20分後くらいから覚醒し始めるので、飲んでから浅い睡眠に入る。早く起きて仕事をする方法は、仕事量によっては間に合わなくなったり、寝坊の恐れがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る