デキる男はブレーク上手 ビジネスマンに効く「5つの休息術」

公開日: 更新日:

“勤勉”な日本人サラリーマンは休むのが苦手――。仕事で結果を出したい人ほど、休むことで逆に罪悪感を持ったり、ストレスを抱えるという。年間、文化人・エッセイスト養成講座で800回の授業を行い、100回のイベントを主催する潮凪洋介氏は、講演や原稿執筆などに追われる多忙な生活を15年間続ける。潮凪氏が分析した“デキるビジネスマン”の5つの休息術とは――。

(1)2時間作業し、1時間寝る

 明日までに仕上げなくてはならない仕事。人には頼めないから今夜は徹夜だ――。

「“睡眠の力”を借りることです。『睡眠は小さな死』といわれる通り、起きるたびにリセットされる。作業が完了するまで、2時間作業→1時間睡眠を繰り返す。カフェインは20分後くらいから覚醒し始めるので、飲んでから浅い睡眠に入る。早く起きて仕事をする方法は、仕事量によっては間に合わなくなったり、寝坊の恐れがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  2. 2

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  5. 5

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  6. 6

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  7. 7

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  8. 8

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  9. 9

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  10. 10

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る