デキる男はブレーク上手 ビジネスマンに効く「5つの休息術」

公開日:  更新日:

“勤勉”な日本人サラリーマンは休むのが苦手――。仕事で結果を出したい人ほど、休むことで逆に罪悪感を持ったり、ストレスを抱えるという。年間、文化人・エッセイスト養成講座で800回の授業を行い、100回のイベントを主催する潮凪洋介氏は、講演や原稿執筆などに追われる多忙な生活を15年間続ける。潮凪氏が分析した“デキるビジネスマン”の5つの休息術とは――。

(1)2時間作業し、1時間寝る

 明日までに仕上げなくてはならない仕事。人には頼めないから今夜は徹夜だ――。

「“睡眠の力”を借りることです。『睡眠は小さな死』といわれる通り、起きるたびにリセットされる。作業が完了するまで、2時間作業→1時間睡眠を繰り返す。カフェインは20分後くらいから覚醒し始めるので、飲んでから浅い睡眠に入る。早く起きて仕事をする方法は、仕事量によっては間に合わなくなったり、寝坊の恐れがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る