上司の指示待ちはNG サラリーマンに問われる“即判断”の能力

公開日:  更新日:

 新入社員も入社3カ月を過ぎ、そろそろ慣れてきた頃だろう。しかし、サラリーマン人生の本番はこれから。会社で生き残るために、いくつもの試練が待ち受けている。とりわけ上司や先輩は、若手社員の実力を測ろうといつも試している。ハードルをクリアできるか否か、フルイにかけているといっていい。

 よくありがちな上司の人物チェックはランチだ。

「例えば、部長が4人の新人をランチに誘ったとします。1人だけ長々とメニュー選びに戸惑ったり、皆がハンバーグなのに、1人だけ天ぷらを選ぶ人がいますよね。ランチという限られた時間に迷いを見せたり、他の人とメニューが異なると、運ばれるタイミングや食べ終わる時間にズレが起きます。当然、この新人は部長の頭の中で“×印”が付く。もし接待ランチだったら打ち合わせの進行に影響が出るし、『要領が悪いから、あのプロジェクトを任せられない』と判断されるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る