• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上司の指示待ちはNG サラリーマンに問われる“即判断”の能力

 新入社員も入社3カ月を過ぎ、そろそろ慣れてきた頃だろう。しかし、サラリーマン人生の本番はこれから。会社で生き残るために、いくつもの試練が待ち受けている。とりわけ上司や先輩は、若手社員の実力を測ろうといつも試している。ハードルをクリアできるか否か、フルイにかけているといっていい。

 よくありがちな上司の人物チェックはランチだ。

「例えば、部長が4人の新人をランチに誘ったとします。1人だけ長々とメニュー選びに戸惑ったり、皆がハンバーグなのに、1人だけ天ぷらを選ぶ人がいますよね。ランチという限られた時間に迷いを見せたり、他の人とメニューが異なると、運ばれるタイミングや食べ終わる時間にズレが起きます。当然、この新人は部長の頭の中で“×印”が付く。もし接待ランチだったら打ち合わせの進行に影響が出るし、『要領が悪いから、あのプロジェクトを任せられない』と判断されるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  10. 10

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

もっと見る