芯折れないシャープベン ゼブラ「デルガード」バカ売れの秘密

公開日: 更新日:

 芯が折れないシャープペンシルが人気だ。ゼブラの「デルガード」は、通常の使い方で芯折れと芯の詰まりが解決できるとあって大ヒット。2014年11月の発売からの販売本数は、早くも300万本を超えた。

 どれだけ力を込めても芯が折れない。そのカギは2つの内部機構にある。強い筆圧が垂直に加わると、軸に内蔵のスプリングが芯を上方向に逃し、斜めに加わると、先端の金属部品が出てきて芯を包み込む。コアターゲットは中高生だが、ビジネスマンにも好評。「シャープペンはこんなに進化していたのか」と素直な驚きが見られるという。

 誕生の背景には、市場における中価格帯商品の好調があった。08年ごろから機能性に優れた500円前後の商品が売れ出したことから、ゼブラも09年、開発に着手する。

「もともとボールペンやマーカー類では高いシェアを得ていたが、シャープペンは弱い。市場が盛り上がりを見せる中、ゼブラも付加価値の高いシャープペンをつくり出したいと考えた」(研究開発部商品企画課の瀬川陽介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る