• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芯折れないシャープベン ゼブラ「デルガード」バカ売れの秘密

 芯が折れないシャープペンシルが人気だ。ゼブラの「デルガード」は、通常の使い方で芯折れと芯の詰まりが解決できるとあって大ヒット。2014年11月の発売からの販売本数は、早くも300万本を超えた。

 どれだけ力を込めても芯が折れない。そのカギは2つの内部機構にある。強い筆圧が垂直に加わると、軸に内蔵のスプリングが芯を上方向に逃し、斜めに加わると、先端の金属部品が出てきて芯を包み込む。コアターゲットは中高生だが、ビジネスマンにも好評。「シャープペンはこんなに進化していたのか」と素直な驚きが見られるという。

 誕生の背景には、市場における中価格帯商品の好調があった。08年ごろから機能性に優れた500円前後の商品が売れ出したことから、ゼブラも09年、開発に着手する。

「もともとボールペンやマーカー類では高いシェアを得ていたが、シャープペンは弱い。市場が盛り上がりを見せる中、ゼブラも付加価値の高いシャープペンをつくり出したいと考えた」(研究開発部商品企画課の瀬川陽介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る