芯折れないシャープベン ゼブラ「デルガード」バカ売れの秘密

公開日:  更新日:

 芯が折れないシャープペンシルが人気だ。ゼブラの「デルガード」は、通常の使い方で芯折れと芯の詰まりが解決できるとあって大ヒット。2014年11月の発売からの販売本数は、早くも300万本を超えた。

 どれだけ力を込めても芯が折れない。そのカギは2つの内部機構にある。強い筆圧が垂直に加わると、軸に内蔵のスプリングが芯を上方向に逃し、斜めに加わると、先端の金属部品が出てきて芯を包み込む。コアターゲットは中高生だが、ビジネスマンにも好評。「シャープペンはこんなに進化していたのか」と素直な驚きが見られるという。

 誕生の背景には、市場における中価格帯商品の好調があった。08年ごろから機能性に優れた500円前後の商品が売れ出したことから、ゼブラも09年、開発に着手する。

「もともとボールペンやマーカー類では高いシェアを得ていたが、シャープペンは弱い。市場が盛り上がりを見せる中、ゼブラも付加価値の高いシャープペンをつくり出したいと考えた」(研究開発部商品企画課の瀬川陽介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る