• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誕生から36年 「メッツ」は“斬新”をキーワードにヒット生む

「入社するまではメッツのことを知りませんでした」と、炭酸飲料「キリン メッツ」のプロジェクトリーダー名郷根崇さん(28)は言った。緑地に黄色いロゴデザインの「キリン メッツ」が発売されたのが1979年。名郷根さんはまだ生まれてもいない。ロングセラー商品を引っ張るリーダーが継承するのは、過去のデータではなく、ブランドのイズムなのである。

「それまで誰もやったことのない、新しいことに挑戦すること。『メッツ』はMetropolitans(メトロポリタンズ)の略で、流行や新しいものに敏感な都会の行動派の若者をイメージしたネーミングなんです。常に若々しく革新的でなければならない。そうした中での商品開発として、果物の輸入解禁から日が浅く割高で憧れだったグレープフルーツをおいしく味わっていただこうと、当時としては珍しい果汁入り炭酸の将来性に着目して開発したと聞いてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る