誕生から36年 「メッツ」は“斬新”をキーワードにヒット生む

公開日:  更新日:

「入社するまではメッツのことを知りませんでした」と、炭酸飲料「キリン メッツ」のプロジェクトリーダー名郷根崇さん(28)は言った。緑地に黄色いロゴデザインの「キリン メッツ」が発売されたのが1979年。名郷根さんはまだ生まれてもいない。ロングセラー商品を引っ張るリーダーが継承するのは、過去のデータではなく、ブランドのイズムなのである。

「それまで誰もやったことのない、新しいことに挑戦すること。『メッツ』はMetropolitans(メトロポリタンズ)の略で、流行や新しいものに敏感な都会の行動派の若者をイメージしたネーミングなんです。常に若々しく革新的でなければならない。そうした中での商品開発として、果物の輸入解禁から日が浅く割高で憧れだったグレープフルーツをおいしく味わっていただこうと、当時としては珍しい果汁入り炭酸の将来性に着目して開発したと聞いてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る