シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

HIV患者向け治療薬「数十倍値上げ」報道が米国で大論争

公開日:  更新日:

 アメリカでは、ある感染症の治療薬の大幅な値上げが報道され、大論争になっています。1錠13.50ドル(約1600円)を一気に1錠750ドル(約9万円)へ、約50倍も値上げするというのです。

「ダラプリム」(一般名:ピリメタミン)はトキソプラズマ症やマラリアなど感染症の治療薬で、主に免疫力が低いHIV患者に投薬されています。

 1953年からあるこの古い薬の権利を先日買い取ったのが、新興医薬品会社の「チューリン」。買収するや否やこの大幅値上げを発表し、特に継続的な投薬が必要なHIV患者にとって手が届かないものになるのではと懸念されています。

 チューリンのCEOは「薬の利用者が少ないので値上げしないとやっていけない。がん治療薬などに比べ安過ぎたし、値上げ分はもっと有効な薬に進化させるための開発費に回すつもり」とコメントしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る