シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

HIV患者向け治療薬「数十倍値上げ」報道が米国で大論争

公開日: 更新日:

 アメリカでは、ある感染症の治療薬の大幅な値上げが報道され、大論争になっています。1錠13.50ドル(約1600円)を一気に1錠750ドル(約9万円)へ、約50倍も値上げするというのです。

「ダラプリム」(一般名:ピリメタミン)はトキソプラズマ症やマラリアなど感染症の治療薬で、主に免疫力が低いHIV患者に投薬されています。

 1953年からあるこの古い薬の権利を先日買い取ったのが、新興医薬品会社の「チューリン」。買収するや否やこの大幅値上げを発表し、特に継続的な投薬が必要なHIV患者にとって手が届かないものになるのではと懸念されています。

 チューリンのCEOは「薬の利用者が少ないので値上げしないとやっていけない。がん治療薬などに比べ安過ぎたし、値上げ分はもっと有効な薬に進化させるための開発費に回すつもり」とコメントしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る