日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

HIV患者向け治療薬「数十倍値上げ」報道が米国で大論争

 アメリカでは、ある感染症の治療薬の大幅な値上げが報道され、大論争になっています。1錠13.50ドル(約1600円)を一気に1錠750ドル(約9万円)へ、約50倍も値上げするというのです。

「ダラプリム」(一般名:ピリメタミン)はトキソプラズマ症やマラリアなど感染症の治療薬で、主に免疫力が低いHIV患者に投薬されています。

 1953年からあるこの古い薬の権利を先日買い取ったのが、新興医薬品会社の「チューリン」。買収するや否やこの大幅値上げを発表し、特に継続的な投薬が必要なHIV患者にとって手が届かないものになるのではと懸念されています。

 チューリンのCEOは「薬の利用者が少ないので値上げしないとやっていけない。がん治療薬などに比べ安過ぎたし、値上げ分はもっと有効な薬に進化させるための開発費に回すつもり」とコメントしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事