• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジッコ「フルーツセラピー」が右肩上がり成長続く理由

 昆布と煮豆で知られるフジッコのフルーツゼリー「フルーツセラピー」が好調だ。

 チルド(要冷蔵)ならではのフレッシュな味わいで差別化。ゼリー市場が全体として縮小傾向にある中で、堅調に売り上げを伸ばしている。特に今夏は大きく上昇。対前年比で20%以上もアップした。勝因は、期間限定商品のヒットと、“ゼリーがけ”という新しい食べ方の浸透だ。

 フルーツゼリー「フルーツセラピー」は2003年、自社製ナタデココを生かした“癒やし(セラピー)”のデザートとして誕生した。

「フジッコには長年培ってきた発酵技術がある。それを駆使し、1993年に国産初のナタデココを発売した。海外産を使う他社に対し、自社製は強み(現在も国内唯一)。高品質のナタデココを活用すべく、ゼリーとの組み合わせを考えた」(ブランドマネジャー部の森依子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る